審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニングはページ下部へ→

審美歯科

気になる歯を白いつめ物・かぶせ物にすることで、笑った口元が真っ白になります。精密な型を採って作るため隙間の少ないものを作ることができ、さらに性能の良いセメントを使って接着する事により、極めて虫歯になりにくい状態になります。ホワイトニングと組み合わせる事で、より一層効果を実感できるでしょう。


当院の白いつめ物・かぶせ物にはセラミックスを使用しております。一部削った部分を修復するつめ物であるセラミックスインレー、 全体的にひとまわり小さく削った歯をかぶせるセラミックスクラウンがあります。


歯科においてこの材料を使うことの利点は、つやつや・つるつるしていること、かむ力を充分に受け止める硬さがある事、色合いやグラデーションを出すのが得意なことです。

つめ物で白くきれいにする

オールセラミックスインレー

オールセラミックスインレーとは、一部削った部分を修復するつめ物であるインレーを全てセラミックスで作ったものです。当院ではe.maxを扱っています。


e.maxは2009年頃登場した素材です。ニケイ酸リチウムガラスセラミックスを主成分とし、色・硬さ共にバランスがとれています。均一の材料で形作るため、全体的に強度が強いのが特徴です。従来はあまり向いていなかった、強大な力がかかる奥歯にも対応できる程です。

¥37,800~

コンポジットレジン

小さな虫歯を削ったところに光で固める白いプラスチック素材をつめて治す方法です。保険が適用できる製品もあり、現在とてもポピュラーな治療法です。

¥1,000~2,000位(保険3割負担の場合)

かぶせ物で白くきれいにする

歯を一層小さく削ってかぶせることで、色や形をある程度自由に作ることができます。精密な型を採って製作し、特別なセメントで合着するので虫歯になりにくくなるのも特長です。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

削った歯を薄く覆うフレーム部分を貴金属でつくり、その上に陶材(ポーセレン)をのせて出来上がる、きれいなかぶせものです。強い力に耐えることができるため、力がかかりやすいかみ合わせの方におすすめします。非常にきれいな色を出せますが、歯肉が下がってしまった場合、歯との境に金属のラインが見えてしまうのが難点です。

 ¥108,000

オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウンとはクラウンを全てセラミックスで作ったもので、金属を使わないので金属アレルギーをお持ちの方にも安心してお使いいただけます。

e.maxクラウン

バランスがとれています

e.maxはそれまでの審美セラミックスに比べて3倍の強度を誇る画期的な素材として2009年頃に登場しました。ニケイ酸リチウムガラスセラミックスを主成分とし、色・硬さ共にバランスがとれています。均一の材料で形作るため、全体的に強度が強いのが特徴です。従来はあまり向いていなかった、強大な力がかかる奥歯にも対応できる程です。

¥75,600

 

フルジルコニアクラウン

硬さNo.1

人工ダイヤとして知られるジルコニアで作ったかぶせものです。色味は他の材料に一歩譲りますが、硬さは最上級で、極めて欠けにくい材料です。従来は色が単色しかなく審美性がいまひとつでしたが、近年はかなり向上しました。軽いこともとても良い特長の一つです。くいしばりや歯ぎしりをお持ちの方におすすめです。

¥97,200

 

ジルコニアセラミックスクラウン

最上級品

削った歯を薄く覆うフレーム部分を人工ダイヤとしても知られるジルコニアでつくり、その上に陶材(ポーセレン)をのせて出来上がる、きれいなかぶせものです。大事なフレーム部は硬いジルコニアを用いており、色味を出す表面は陶材(ポーセレン)を用いて透明感やグラデーションを表現でき、硬さと軽さ、耐久性に審美性まで加えた非常に優れたクラウンです。

¥108,000

歯の表面に貼り付けて白くきれいにする

ラミネートべニア

歯の表面をわずか0.5mm程薄く削って型を採り、陶材(ポーセレン)を用いて歯の形をした付け爪のようなものを製作して特殊なセメントで接着させます。かぶせ物に比べてやや欠けやすいので、歯ぎしりや くいしばりのある方にはおすすめできませんが、色や形をある程度変える事ができる上、かぶせ物に比べて歯をあまり削らなくて良いのが特長です。

¥54,000

審美ブリッジ ~つながったきれいなかぶせ物~

両隣の歯を削って作る、つながったかぶせものです。橋を架けるようにして、歯の無いところにかかる力を両側の歯で負担させます。値段は1本欠損で両隣の歯までを削って作る3本分のものです。詳しくはカウンセリング時にご説明いたします。

 

保険ブリッジ

前から4番目の歯まではレジン(樹脂、プラスチック)で白くできますが、後ろの歯は金属なのでやはり見た目が一番気になるかもしれません。¥15,000(3割負担の場合)

 

メタルボンドブリッジ

骨格フレーム部分を貴金属で作り、その上に陶材(ポーセレン)を盛り上げることにより、ほとんど金属を覆い隠して非常にきれいな色を出すことができます。強い力に耐えることができるため、力がかかりやすいかみ合わせの方におすすめします。歯肉が下がってしまった場合、歯との境に金属のラインが見えてしまうのが難点です。

¥324,000

 

フルジルコニアブリッジ

金属を使わないオールセラミックスブリッジです。人工ダイヤとして知られるジルコニアで全て作っています。色味は他の材料に一歩譲りますが、硬さは最上級で、極めて欠けにくい材料です。従来は色が単色しかなく審美性がいまひとつでしたが、近年はかなり向上しました。軽いこともとても良い特長の一つです。くいしばりや歯ぎしりをお持ちの方におすすめです。

¥291,600

 

ジルコニアセラミックスブリッジ

金属を使わないオールセラミックスブリッジです。骨格フレーム部分を人工ダイヤとして知られるジルコニアでつくり、その上に陶材(ポーセレン)をのせて出来上がる、きれいなブリッジです。大事なフレーム部は硬いジルコニア、色味を出す表面は陶材(ポーセレン)を用いた、非常に優れたブリッジです。

¥324,000

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削らずに歯の表面に薬剤を塗ることにより白く(漂白)する治療法です。

ご自身で行うホームホワイトニング、医院内で行うオフィスホワイトニング、その両方を行うデュアルホワイトニングがあります。

ホームホワイトニング

専用のマウスピースをお作りし、その中にジェルを入れて毎日数時間(就寝時など)装着していただく方法です。2週間程度で白くなっていきます。


マウスピース+ホワイトニングジェル2週間分


上または下の歯   ¥16,200

上下両方      ¥27,000

追加ジェル1週間分  ¥4,300

 

オフィスホワイトニング

歯科医院内で行うオフィスホワイトニングは、上下の歯に薬剤を塗り、最新の機械を用いて光を当てます。その場で白くなる人気メニューです。2回通って頂くだけで驚くほど白くなります。

ビヨンドホワイトニングについて、詳しくはこちら→

上下オフィスホワイトニング

 初回      ¥21,600

 2回目以降   ¥16,200


デュアルホワイトニング

まず院内にてオフィスホワイトニングを行い、それから2週間ご自宅でホームホワイトニング。最後に院内でオフィスホワイトニングを行います。即効性のあるオフィスホワイトニングと、色が後戻りしにくいホームホワイトニングのこの組み合わせはいちばん効果があると言われています。

オフィスホワイトニング2回+ホームホワイトニング2週間分

 上下両方    ¥59,400

 追加ジェル上下1週間分

           ¥4,300

どうやって白くなるか?

ホワイトニング材の主成分である過酸化水素や過酸化尿素が分解して生じるヒドロキシラジカル(OH)、ヒドロペルオキシラジカル(HOO)により、着色有機成分が酸化・分解されることで歯が漂白されます。また、エナメル質内のエナメル小柱を粗造に変化させ、表層エナメル質の光屈折率などの光学的特性が変わることで、その下の黄色味を帯びた象牙質の色を通さなくなるので、白く見えると言われています。